お店が業務用パッケージエアコンでなければならないその理由 | HomeTecPRO┃快適な空間をクリエイトするメディア

お店が業務用パッケージエアコンでなければならないその理由

2016.7.6

,

IMG_9110

東芝の業務用カスタムエアコン「スーパーパワーエコmini」は、配管などの交換を不要にしたことでコストを抑え、そのために施工しやすく、さらに小さくて軽いという特徴があります。冷暖房能力や省エネ性能も高く、同社の15年前の機種と比べた場合、約62%もの省エネ性を実現できます。

業務用パッケージエアコンは、家庭用と比べて大型・頑丈で、長時間の連続運転にも耐えられるように設計されています。業務用パッケージエアコンを使用する場所は、店舗や事務所など、文字通り業務を行う場所ですので、稼働時間が一般家庭で使用する場合よりも長時間になります。したがって、機器への負担が大きく、それに耐えられるものである必要があり、業務用パッケージエアコンは耐久性を重視したものが多くなっています。また、冷暖房能力が非常に高いことも大きな特徴の1つです。

業務用と家庭用のエアコンを比較した際、もちろん家庭用のほうが安価で、設置も簡単です。そのため、自宅に家庭用エアコンを設置するときのように、単に畳数だけを見て店舗や事務所に家庭用エアコンを何台も導入すると、低コストで楽に導入できると思いがちです。しかし、エアコン自体は複数台が稼働していると認識せず、1台ごとに無駄な動作が多くなるため、ブレーカーが頻繁に落ちたり、電気料金がかかりすぎたりと、デメリットが多くなります。しっかりした業務用エアコンの導入が、結果的に経済的です。

 

 

配管・配線・ブレーカー交換不要でコストダウン

スーパーパワーエコminiシリーズは、破損した部品や金属摩耗粉などの詰まりによる従来室外機のコンプレッサー故障でも、独自のハイメッシュフィルターによる除去洗浄レスで、既設配管の再利用が可能です。また、リモコンの配線や冷媒配管、エアコンの渡り配線、電源線なども再利用が可能であるため、同クラスの他社製品と比べて大幅なコストダウンを実現しました。

IMG_9115

 

配管、配線、設置の工事が容易

スーパーパワーエコminiシリーズは全機種室外機1ファンですので、搬入から施工が容易になっています。配管の取り出しが4方向(前、後ろ、横、下)可能ですので、設置条件に合わせて機種をお選びいただけます。さらに、電源配線を細径化することによって、工事費用を軽減しました。室外機の背面にふれる可能性がある場所への設置には、背面防護ネットを準備していますので、安全性も確保しています。

 

小さく、軽く、搬入しやすい

スーパーパワーエコminiシリーズは「スーパーパワーエコゴールド」シリーズと比較し、室外機の高さを約17センチ、幅を約4センチ縮小しました。また、重さは約11キロ軽量化しました。正面に深型で持ちやすい取っ手が3か所あるため、設置業者様にとっても扱いやすい製品となっています。

 

IMG_9117

 

驚きの高省エネ性能

通年エネルギー消費効率(Annual Performance FactorAPF)とは、1年を通して、ある一定条件の下にエアコンを使用したときの消費電力量1kWhあたりの冷房・暖房能力を表したものです。建物用途や使用期間を設定し、使用状態に近いエアコンの運転効率を示すために、200610月から業務用パッケージエアコンで表示されるようになりました。スーパーパワーエコminiシリーズはコンプレッサーや熱交換器、ファン・ファンモーターに改良を加えることによって、業界トップクラスのAPFを達成しています。

また、待機電力低減ウルトラパワーエコ室内ユニットによって、室外機関の制御を見直し、運転停止時の待機電力を約40%提言するなど、APFには表れない省エネ技術を搭載しています。

その結果、同社の15年前の製品と比べて約62%の省エネ性能を実現しました。年間消費電力量で見ると15年前の製品で3373kWhだったものが1278kWhに、電気代で見ると52,700円かかっていたものが19,900円と年間約32,800円もお得になっています。

もちろん、2010年の省エネ法改正に伴って設定された、より省エネ性能の高いトップランナー基準「省エネ法2015年基準値」もクリアしています。

  • バナー1
  • バナー2
0