ガスと電気のいいとこ取り! リンナイ「エコワン」のススメ

2020.3.13

pixta_17417199_M-min

皆さんこんにちは。宮城県塩竈市・仙台市を拠点に、エアコンやガス給湯器の販売・取り付け工事を手がけている株式会社菜花空調です。

お客さまから寄せられるお悩みで多いのが、突然起こる給湯器の故障。給湯器が壊れてしまったらお湯が出ず、家事はもとより入浴ができなくなってしまいます。業者に連絡をしてすぐに手配がつくのならよいのですが、日数を要すると、その間、生活が不便きわまりないことは言うまでもありません。

いつ起こるかわからない給湯器の故障に不安を抱いて過ごすよりも、いっそ、事前に手を打っておくのはいかがでしょう。今回はガスと電気のいいとこどりをしたリンナイの「エコワン」という新しい給湯器をご紹介します。

 

■ガスと電気のいいとこどりだから、高性能で低燃費

 pixta_44177379_M-min

 

これまではエコキュートやエコジョーズなどの給湯器がメジャーでしたが、リンナイが開発した新しい給湯器「ECO ONE(エコワン)」はこれらを超える省エネ性を実現した、ハイブリッド給湯・暖房システムです。エコキュートは電気で動き、エコジョーズはガスを燃料としていましたが、「エコワン」はそれらの良さをあわせもち、ガスと電気の両方でお湯を沸かすことができるのです。

またお湯を沸かす給湯機能だけでなく、床暖房や温水ルームヒーター、パネルヒーター、浴室暖房乾燥機にも使えるので、「エコワン」があれば家全体を暖めることができるのです。

 

その最大のメリットは、ずばぬけた省エネ性の高さ。家庭のエネルギー消費で給湯と暖房が占める割合は、なんと65%にも登りますが、「エコワン」は時間帯にあわせて電気とガスを効率的に使い分けることで、給湯に要するエネルギーを大幅に削減することに成功しました。

コメント 2020-02-25 112823-min

引用:https://rinnai.jp/ecoone/

 

省エネであるということは、お財布にも優しいということ。試算によると、「エコワン」の年間給湯ランニングコストは、従来型ガス給湯器に比べて年間約7万円、エコジョーズと比べても約5万8千円近いコストダウンが可能になります。

 

8aecef6e9957bd226742f8a1085522b9

 

  • バナー1
  • バナー2
0